上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
(以下をクリックすると各記事に飛びます。)
 
前書(ローレンス・レッシグ教授)
序文(本書の概観)(ローレンス・ローゼン弁護士)
 
第1章 自由とオープンソース
1.      自由という言葉
2      オープンソースの定義
3      オープンソース原則
 
第2章 知的財産権
1.      財産に対する支配権
2.      右脳と左脳
3.      著作権と特許権を取得する
4.      著作物
5.      職務著作
6.      著作権者と特許権者の独占的権利
7.      複製物(コピー)
8.      独占的な複製権の例外
9.      集合著作物と派生的著作物
10.    著作権の権利の連鎖
11.    特許権の権利の連鎖
12.    共同著作物
13.    権利の譲渡
14.    著作権・特許権の保護期間
15.    商標
16.    知的財産権保護の例外
 
第3章 ソフトウェアの頒布
1.      コントリビュータとディストリビュータ
2.      頒布
3.      オープンソースのための共同作業
4.      コントリビュータ契約
5.      ユーザについて
 
第4章 ライセンスの分類
1.      ライセンスとは何か?
2.      裸のライセンス
3.      契約としてのライセンス
4.      特許権ライセンス
5.      テンプレート・ライセンス
6.      オープンソース・ライセンスの種類
 
第5章 アカデミック・ライセンス
1.      BSDライセンスによる自由の付与
2.      テンプレートとしてのBSDライセンス
3.      BSDライセンスの付与
4.      ソースコード形式とバイナリー形式
5.      BSDライセンスの条件
6.      保証と責任の免責条項
7.      MITライセンス
8.      サブライセンスする権利
9.      非侵害の保証
10.    Apacheライセンス
11.    Apache商標の保護
12.    Apacheコントリビュータ・ライセンス契約
13.    Artisticライセンス
14.    ライセンス序文
15.    アマチュアがライセンスを書くと
16.    アカデミック・ライセンスの全体像
17.    Apacheライセンス・バージョン2.0
 
第6章 相互性とGPL
1.        GPLの取引
2.        コピーレフトと相互性
3.        政策目標
4.        GPL序文
5.        テンプレートとしてのGPL
6.        GPLは本プログラムに適用される
7.        GPLソフトウェアへのリンク
8.        著作権法とリンク
9.        LGPLという代替手段
10.      GPLのライセンスの付与
11.      ソースコードへのアクセス
12.      「無償で」(At No Charge)
13.      GPLの他の義務
14.      GPLと特許
15.      GPLを受け容れる
 
第7章 MPLライセンス
1.       Mozillaの物語
2.       MPLにおける相互的取引
3.       コントリビュータと改変物
4.       MPLと特許権
5.       特許権からの防衛
6.       他の重要なMPLの条項
7.       他のコーポレート・ライセンス
 
第8章 CPLライセンス
1.      テンプレートとしてのCPL
2.      余談-よく出来たライセンスとは
3.      著作権と特許権のライセンスの付与
4.      CPLの相互性
5.      相互性の例外
6.      特許防衛
7.      防衛と補償
8.      CPLライセンスの保有権
 
第9章 オープンソース・ライセンス(OSL)とアカデミック・フリー・ライセンス(AFL)
1.      アカデミックか、相互性か
2.      OSL/AFLの冒頭段落
3.      セクション1. 著作権ライセンス付与
4.      セクション2. 特許権ライセンスの付与
5.      セクション3. ソースコード・ライセンスの付与
6.      セクション4. ライセンス付与除外事項
7.      セクション5.   外部配置
8.      セクション6. 帰属表示権
9.      セクション7. 来歴保証条項および保証免責条項
10.    セクション8. 責任制限条項
11.    セクション9. 承諾と終了
12.    セクション10. 特許権訴訟を理由とする終了
13.    セクション11. 裁判管轄、裁判地および準拠法
14.    セクション12. 弁護士報酬
15.    セクション13. その他の条項
17.    セクション14.「あなた」の定義
18.    セクション15. 使用権
19.    著作権およびライセンスについての通知
 
10章  オープンソース・ライセンスの選択
1.      どのようにオープンソース・ソフトウェアを選択するか
2.      フリーライダー問題
3.      オープンソースでお金を稼ぐ
4.      ライセンスを受ける
5.      ライセンスに出す
6.      プロジェクトへの貢献
7.      集合著作物についてのライセンスの互換性
8.      派生的著作物についてのライセンスの互換性
9.      再ライセンス
 
第11章 シェアードソース、イべンチュアルソース、およびその他のライセンス・モデル
1.      オープンソースの代替手段
2.      シェアードソース
3.      パブリックソース
4.      デュアル・ライセンスおよびマルチプル・ライセンス
5.      イべンチュアルソースおよびスケジュールド・ライセンス
6.      ライセンス・モデルを組み合わせる
 
第12章 オープンソースを巡る訴訟
1.  請求原因が存在すること
2.  損害賠償
3.  差止め
4.  当事者適格
5.  立証責任
6.  契約条件の強制履行
7.  知的財産権の帰属を巡る紛争
8.  派生的著作物を巡る紛争
9.  特許権侵害訴訟
10.   SCO 対 オープンソース
 
第13章 オープンスタンダード
1.        「オープンスタンダード」の定義
2.        オープン・スペシフィケーション
3.        著作権による制限によってスタンダードを強化する
4.        テストキットをライセンスする:オープングループ・ライセンス
5.        二股の回避:Sun社のSISSLの場合
6.        オープンスタンダードにおける特許権
7.        合理性および非差別性
8.        ロイヤルティフリー
9.        W3C特許権ライセンス
10.      オープンスタンダードとオープンソースを正当化する
 
(後記)  オープンソース・パラダイム
 
付録(各ライセンスの翻訳)
1.         BSDライセンス
2.         MITライセンス
3.         Apacheライセンス
4.         Apacheコントリビュータ・ライセンス契約
5.         Artisticライセンス
6.         General Public License(GPL)
7.         Lesser General Public License(LGPL)
8.         Mozilla Public License(MPL)
9.         Common Public License(CPL)
10.       Open Source License(OSL)/Academic Free License(AFL)
 
>> 「序文」へ
スポンサーサイト
2009.05.18 Mon l ようこそ!(はじめにお読みください)→目次 l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013.02.27 Wed l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013.01.31 Thu l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012.11.29 Thu l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012.10.31 Wed l . l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://opensourcelaw.blog18.fc2.com/tb.php/4-80a6f2ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。