上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2.テンプレートとしてのBSDライセンス
 
BSDライセンスは何度か改訂を経てきた。この章で議論されている最新バージョンは、オリジナルのBerkeley Software Distribution以外のソフトウェアに適したテンプレートとして機能するように改訂されてきた。最新バージョンのBSDライセンスは付録に収録している。
 
ライセンサーが「私は、自分のソフトウェアをBSDライセンスに従ってライセンスする。」と言うとき、ライセンサーは自分がカリフォルニア大学の代表だと言っているわけではなく、ライセンスしたソフトウェアがオリジナルのBerkeley Software Distributionやそれから派生したものだと言っているわけではない。この文は、ライセンスがBSDライセンスの形態であり、ライセンサーの名前としてライセンサー自身の名前を挿入し、大学のソフトウェアのための著作権表示の代わりにライセンサー自身の著作権表示を挿入したということに過ぎない。
 
もし、あなたがBSDライセンスに従っているというソフトウェアを使用するのであれば、ソフトウェアのソースコードのどこかにあるライセンス自体を探すことだ。そのライセンスは全ての空欄が埋められた完全なものでなければならない。本書の付録にあるバージョンではなく、そのテキストこそが、あなたのBSDライセンスの正式なバージョンとなる。
  
>>「3BSDライセンスの付与」へ
スポンサーサイト
2008.04.01 Tue l 第5章 アカデミック・ライセンス→2.テンプレートとしてのBSD l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://opensourcelaw.blog18.fc2.com/tb.php/38-2a947eef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。