上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2. 余談-よく出来たライセンスとは
 
 
最初のオープンソース・ライセンスであるBSDGPLはおよそ15年前に書かれた。それはUNIXの時代だった。高速インターネットが世界中で利用可能となる前、私たちは当時、速度の遅いモデムのデータ接続を使用した。パーソナル・コンピュータははるかに原始的なものだった。
 
この15年でソフトウェアが改良されてきたように、この15年でソフトウェア・ライセンスも改良されてきた。オープンソースを扱うときに弁護士はもう未知の概念に奮闘するということはないので、本書で説明したライセンスからわかるように、有能な弁護士は非常に良いオープンソース・ライセンスを書いている。
 
CPLは非常に良いライセンスだ。フリーソフトウェアを促進する合理的な相互性取引について正確に記載しているからだ。CPLには、文言を定義する7つの簡潔な条項(本書の付録の合計9ページ分だけだ)があり、適切なライセンスを付与し、相互性義務を述べ、ビジネスの現実およびニューヨーク州法およびアメリカ合衆国の知的財産権法(CPL7条)の法的な実態を扱っている。
 
CPLは第1章に記載したフリーソフトウェア・ガイドライン、オープンソースの定義、およびオープンソース原則と完全に両立する。
 
このライセンスは皆に適切なものではないかもしれないが(第10章を参照)、よく出来たオープンソース・ライセンスの重要な性質を例示している。2つの興味深い例外を除き、重要な文言はCPLでは定義なしに使用されていないことに注意してほしい。CPLは、すべてのコントリビュータ受領者との間のテンプレートとして使用できることに注意してほしい。「・・・しなくてはならない(shall)」と「・・・しなくてはならない(must)」と「・・・してはならない(may not)」は常に義務的なことを意味しており、「・・・してもよい(may)」は常に許容を意味している。
 
素人の中には自分でオープンソース・ライセンスを書けると信じている人もいる。彼らは、最初にCPLのような良いライセンスを読み、自分がそうできるかを自問自答すべきだ。
 
 
>>次項「3. 著作権と特許権のライセンスの付与」へ(ここをクリックすると飛びます。)
スポンサーサイト
2008.08.29 Fri l 第8章 CPLライセンス→2. 余談-よく出来たライセンスとは l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。