上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
7. 複製物(コピー)
 
原著作物の著作者は、著作権で保護されている著作物の複製をする、あるいは複製をしないことの独占的権利を有する。他人は、複製物を作る前にライセンスという法の形式によって著作者の許可を求めなければならない。
 
本書に掲載されているすべてのオープンソース・ライセンスは複製物を作成する権利を無制限に許諾する。
 
「複製物」とは、現在知られている方法または将来開発される方法によって著作物を固定した有体物...であって、これにより当該著作物を直接または機械もしくは装置を使用して覚知し、複製しまたはその他伝達することができるものをいう。「複製物」には著作物を最初に固定した有体物...を含む。(米国著作権法第 101条)
 
技術は常に著作権法より少なくとも一段階先に進んでおり、そのため「複製物」という文言は、複写やCD-ROMの複製物、コンピュータのメモリに一時的に記憶されたバイナリ・イメージに限定されない。現在知られている、あるいは今後登場する複製物を作成するために使用可能なすべての複製手段が上記法律の定義に合致する。
 
原著作物は単なる第1番目の複製物だ。そこから作成された複製物は、どのような手段であれ複製物となる。コンピュータ・ソフトウェアは、目に見える形で固定されていれば、複製物だ。
 
ソフトウェアの著作権者はソフトウェアの複製物を作成し、また作成することを許諾する独占的権利を有する。
  
>>「8. 独占的な複製権の例外
スポンサーサイト
2008.03.24 Mon l 第2章 知的財産→7. 複製物 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。